■家具>>その他>>>>[top]





 

 

 

 

 

■商品名
■商品番号
■サイズ
■メーカー
■素材
■価格 
1950年代 丸紅山口自転車 BENNY ベニー号 運搬車(萌葱色 )
KAG-SONO-001
H:110cm W:190cm D:58cm Weight:20kg
日本製 山口自転車
高圧スチール鋼材
40.000円

現行のママチャリと言われる自転車と違って安価、量販、軽快、安直なイメージとはかけ離れた作りの昭和の自転車は長持ちする物づくりのしっかりした姿勢が随所に見える設計です。運搬車というだけあって、重荷に強くスプリングの利いた革サドルも、ほどよく使い込まれてなめらかになっています。 経年の錆びなどありますが、よくメンテされていて、状態は良好です。 ペダル、ブレーキともによく動き、問題なくご使用いただけます。 ハンドルにベルは付属しておりません。
山口自転車とは?
大正3年(1914)1月(株)山口自転車 山口重彦氏により創業戦後、東京都台東区竹町に本社、(株)山口自転車工場、埼玉県川口市栄町に川口工場を設置。戦後の昭和28年(1953)より一時オートバイの製造にも着手。山口自転車は昭和38年(1963)倒産昭和37年まで販売台数はヤマハやスズキと肩を並べるほどだったのですが、結局、オートバイ事業が過当競争に負けたのが原因で倒産してしまいます。また倒産の理由は、他のにも当時の社長と副社長(山口シヅエ氏)の議員活動が多忙になったのが原因だという説もあります。倒産後、技術陣の一部はブリヂストンサイクルに再就職して、1980年代に一世風靡したブリヂストンBSチャンピオンなどの製造にもかかわったそうです。
倒産後会社は丸紅の資本が入り、丸紅山口(株)としてベニー号など多くの自転車を製造しました。昭和57年(1982)2月、丸紅が資本を引き上げ山口自転車(株)の工場はセキネが引き受けることになりました。
山口に(株)関根自転車が経営参加社名はその後
セキネサイクル→三和自転車工業(株)
昭和61年(1986年)2月 三和自転車工業(株)から
分離独立し、大阪府堺市にアサヒサイクル(株)を
設立自転車の製造・卸を開始しました。

BEタイヤ:26インチ/タイヤ幅1/8インチ
内拡式(ドラム)ブレーキ

気になる送料は、
●東京〜23区+東京都下で約¥3,000〜¥4,000
●東京〜北海道で約¥8,000
でお届け出来ます。
コンディション:USED

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  



■家具>>その他>>>>[top]